秀峰会の文化活動
CAPP活動
CAPP(コンパニオン アニマル パートナーシッププログラムは、 「人間と動物との絆(ヒューマン・アニマル・ボンド)」の理念のもとに、日本動物病院福祉協会の支援により1986年から 始まった活動です。
CAPP活動
寄り添うことで、通じる気持ち 触れるだけで、通い合う心 動物がもたらす心のやすらぎ
-
CAPP活動とは
1986年5月、JAHA(日本動物病院福祉協会)の協力の下、特別養護老人ホームさくら苑からスタートしたこの活動は、日本でのアニマルセラピー普及への大きな一歩でした。
現在ではアニマルセラピーという言葉が広く知られるようになってきました。
-
CAPP活動のコンセプト
高齢者施設や病院・子供教育を中心に行われるこの活動は、動物の温もりや表情を感じることで精神的やすらぎや能動的な活動を活発にする事が期待できます。活動目的に応じて「パートナー=同伴者」としての動物の働き方も変化します。しかし、人と動物の絆が不変的な存在として根底にあります。
-
現在の活動
さくら苑においてはJAHAのボランティアさんにより定期的に活動を行っています。
また、グループホームでは、犬や猫がお年寄りと一緒に生活しています。動物たちがもたらす心のやすらぎと開放は、大きな役割を担っています。