ホーム > 個人情報保護宣言・方針

社会福祉法人秀峰会 公式サイト

個人情報保護宣言・方針

プライバシーステートメント(個人情報保護宣言)

社会福祉法人秀峰会は、介護福祉事業等実施する全ての事業において、社会福祉法及び関係各法令にわたる守秘義務の遵守と個人情報保護に関する法令を遵守し、個人情報保護方針を徹底し、地域福祉発展への貢献を目指しています。

プライバシーポリシー(個人情報保護方針)

法令遵守

当法人は個人情報保護に関する法律、その他関係法令により保護された利用者個人の情報の適切な取扱いを行います。

安全管理

介護保険等関係各サービス事業の利用者個人情報の管理を一元的に進め、事業所・従事 者による適正管理の基に利用者が安心して利用できる、安全な個人情報管理を徹底します。

個人情報の利用目的と範囲

サービスを提供するために必要とする情報であり、利用目的は次の範囲とします。

  1. サービスを利用する利用者及び介護者等の情報であり、サービスを提供するにあたり必要な情報とします。
  2. サービス提供に関わり、法令により保存を必要とする書類の全てとします。

説明と同意、第三者への提供制限

介護保険等の各サービスの提供にあたり、必ず事前に重要事項を説明しサービス提供に関わる関連事業所への個人情報使用の同意を頂いております。
しかし生命・身体にかかわる緊急時や財産の保護のために必要がある場合で利用者本人の同意が得ることが困難であるときや、法令で定める場合は第三者への必要な情報提供を行います。
第三者からの利用者本人の個人情報について照会があった場合は利用者本人の同意を必要とし、利用者本人の同意により利用者本人の権利利益に及ぶ場合は個人情報を第三者に提供できません。

開示と制限

原則的に利用者本人に対して書面で個人情報を開示することが出来ます。
ただし、次の場合は開示しないことができます。

  1. 利用者本人又は第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合。
  2. サービス提供業務等の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合。
  3. 他の法令に違反することとなる場合。

利用者本人が委任した代理人から開示の求めがあった場合は、原則として利用者本人への説明の後に、代理人にのみ開示を行うこととなります。この場合は開示の範囲について委任の期間や適正性を基に、利用者本人の意思を踏まえ対応します。

継続的改善・苦情対応

個人情報の保護に関し、常時適正に管理する体制をとり、事業所ごとの相談・苦情窓口において適切な迅速な対応を行い、社会福祉法人秀峰会が保有する個人情報に対する適正管理を行っております。

以上の指針で個人情報保護に取り組んでまいります。

PAGE TOP