秀峰会の文化活動
語り部
おなじみの絵本や昔話、詩などから作品を選び音読をします。声を出すという行為だけでなく、「主役として注目を浴びる」ことや「賞賛を浴びる」といったことも、心の刺激につながります。
語り部
語ることの大切さ 表現することの快感 達成感と充実感に満ちた活動
-
語り部活動とは
写真1 ボランティア『わ』の会の皆さんの主催により開催される読み語りの会です。語りの主役は参加者ご自身。ボランティアさんのフォローを受けながら、おなじみの昔話や詩など好みの作品を音読します。大きな声を出して読むことによる身体機能への働きかけだけでなく、主役としての達成感や充実感が新たな意欲へとつながります。
-
語りがもたらす癒し・・・
写真2 声を発生して語る事で心が表現されます。それは、何歳になっても同じです。同じ物語でも、読み手によってまったく違う物語のように聞こえます。一声一声を大事に表現される語りは、とても優しく聞き手を魅了します。また、普段と違った力強い語りに驚かされる事もあります。
-
語り部活動の現在
写真3 さくら苑にて月に2回ほどの活動を行っております。ボランティアさんの親切なフォローがありますので、初めての方でも安心して参加していただけるプログラムです。活動中は、力強くそして優しい語りが苑内に響きます。