つくし保育園についてAbout us

ごあいさつGreeting

理事長のごあいさつ

いつか花開く時を信じて、保育活動を続けています

―小さくても節があり、太陽に向かってまっすぐに育つ「つくし」の様に、たくましく生きる力を育むこと―
自然に触れ、元気いっぱいに子ども同士がぶつかりあい、日本という私達の国の文化をその身に吸収することで、豊かな感性を、温かいしなやかなこころを持って欲しいと強く願っています。
私達つくし保育園は、安全な環境の中で子ども達と一緒に楽しみ、語りかけ、聴き、失敗を見守り、今出来なくても必ずいつか花開くことを信じて保育活動を続けています。

理事長櫻井 大 

園長のごあいさつ

情緒豊かな感性を育む保育を目指します

つくし保育園東戸塚では、一人ひとりのお子さまを大切に、アットホームな雰囲気の中で、お子さまたちの成長を保護者の皆様と共に見守り、育んでいきたいと思っています。
保育方針の一つ「自然や文化に触れながら豊かな感性を養いお子さまの夢を育てます」とありますが、日本ならではの伝統行事、季節の行事などを大切にし、情緒豊かな感性を育む保育を目指していきたいと思います。

つくし保育園東戸塚 園長谷口 絵美

思いやりの心を育む保育を目指します

保育理念である、

  • 自分で生きていく力を養う(自律)
  • 人と協調して生きる力を養う(協調)
  • 美しさに感じる感性を育む(センスオブワンダー)

を土台として、乳児期は一人ひとりへの丁寧なお世話を通して大人との愛着関係を築き「ジブンデ」の気持ちに寄り添いながら、身の回りのことをひとりで出来るように関わっていきます。
幼児期は「やってみたい」という主体性と「できた」という達成感を感じることが出来るような体験の中で、お友だちと過ごすことの楽しさ、難しさも感じていけるように異年齢グループを作って、活動していきます。
また、「ふしぎだな」「きれいだな」などなど、豊かな感性を育んでいきたいと思います。
子育てが楽しいと感じていただけるように、子育てのパートナーとしての保育園づくりに努めていきます。

つくし保育園センター南 園長河野 李香

豊かな育ちにつながる保育を目指します

保育目標

  • 心も体も元気な子
  • よく食べよく遊ぶ子
  • 人との関わりを楽しむ子
  • 考えて行動する子

を基本として、人との関わり、お子さまは仲間、大人(保育者など)と遊ぶ楽しさを経験することで、人として生きることのすばらしさや、安心して楽しく安全に生活することを知ります。温かい共感性や思いやりを持てるように遊びの環境を調え、支える保育を展開し、お子さまたちの確かな育ちにつながる保育をしていきたい思います。

つくし保育園上大岡 園長田川 貞子

主体性の育ちを見守り支える保育を目指します

つくし保育園では、一生で一番大切な時期である乳児期のお子さまをお預かりしています。
この時期は、立つ・歩く・話す等目に見える身体的な発達や成長が著しい時期である一方、目には見えにくい感性、思考力、想像力、さらには、発想力、創造力、探究心、好奇心、コミュニケーション力、表現力等さまざまな力も育つ時期でもあります。
そうした力は本来、育てることができるものではなく、主体的な取り組みによって発揮されるものであり、その主体的な取り組みは環境を通しての保育によってなされるものであるといわれています。
つくし保育園戸塚では、理念・テーマ・保育目標・保育方針をもとに、お子さまが「やりたい」(主体的とりくみ=遊び)と思える環境を考え準備し、お子さま達の育ちを見守り、支えてまいりたいと思います。

つくし保育園戸塚 園長黒澤 美貴子